ダイヤ の a アクト 2 動画。 ダイヤのA(エース)のアニメは何巻まで?3期はどこまで放送される?

ダイヤのA actII 動画(全話あり)|アニメ広場|アニメ無料動画まとめサイト

ダイヤ の a アクト 2 動画

2020-06-28• 引退した3年生は初めからキャラ立ちしていましたが、新チームになった1,2年生はこれから才能を磨き上げて、キャラ立ちが明確になっていくのでしょうね。 2020-06-23• 先発の沢村を御幸のバットで楽にすることができるのか?沢村は5回この試合最大のピンチを迎える。 先発・沢村は初回から二つの三振を奪うなど好調をアピール。 名の知れない田舎の中学から強豪校で1年夏からベンチ入りって相当凄い事ですよね。 第51話『それでこそ』 ついに始まった夏大、青道の2戦目の相手は内野の名手・川端を擁する八弥王子。 そして7番金丸も四球で続き1アウト満塁に。 エースへの思いを一層強くする降谷。

次の

ダイヤのA actII

ダイヤ の a アクト 2 動画

各地の球場で一斉に戦いの火蓋を切る地区の有力校。 熊本では徳島の好永と昇学館。 一方、前園、倉持らにチームを託し、東京選抜の練習会場となった稲城実業グラウンドに向かう御幸。 そこに現れる片岡。 御幸はライバルの強さを改めて実感する。

次の

【196話】ダイヤのエース Act2 最新話ネタバレと感想 無料で読む方法も

ダイヤ の a アクト 2 動画

第18話『確かめたいもの』 春大の結果を受けて、青道の選手たちは皆「自分たちに足りないものは何か」を考え、行動するようになっていた。 夏の大会でも対戦していましたが、沢村は相性が悪く、試合には勝ったもののホームランを打たれて雪辱が残る形となりました。 送られたのは、 結城と同じ1年の由井薫。 第13話『先攻』 春大準決勝、市大三高戦を翌日に控えた青道の夜間練習。 なかでも沢村はひときわ強い向上心を示し、その思いは最後の夏を控える3年生にも伝播していった。

次の

ダイヤのA(エース)のアニメは何巻まで?3期はどこまで放送される?

ダイヤ の a アクト 2 動画

そしてアメリカリードのまま迎えた7回、ついに成宮が登板する。 一方、レフトで先発出場した降谷はマウンドに立ちたいという思いが空回り。 沢村は全国屈指の強豪校との試合で何を感じ、何を得たのか。 ちなみに今回由井が代打として出場し、活躍していました。 沢村自ら出塁し反撃の糸口となることが出来るか?対する市大三高・天久は2回以降青道打線に得点を与えない好投を続ける。 また東西東京地区の分別が無い春季大会ならではの対戦が実現した。

次の

ダイヤのA actII 動画(全話あり)|アニメ広場|アニメ無料動画まとめサイト

ダイヤ の a アクト 2 動画

2020-06-27• 3回から登場した浅田と奥村のバッテリーが上級生チームに立ち向かう。 沢村が降谷に代わってマウンドに上がるところから話が進んでいきます。 振り抜いた3番・川端の打球はセンター前に抜けるかという当たり。 完璧なリリーフを披露する成宮をはじめ、カルロスや白河、山岡などの稲実勢が大活躍。 沢村は強豪校でエースを目指すべく、青道高校の入学を決心します。

次の

ダイヤのA(エース)のアニメは何巻まで?3期はどこまで放送される?

ダイヤ の a アクト 2 動画

要注意人物はキャプテンでセカンドの川端。 感想 沢村のカットボールのキレが素晴らしく、エースにふさわしいピッチングだと感じましたね! しかし、今後心配なのが沢村の疲労ですね。 『 ダイヤのA act2』のアニメ版ということなので、第2期の続編、春の甲子園大会から始まる予定です。 シードである青道に先んじて1回戦を行う由良総合工科。 果たして楊のピッチングはアメリカチームに通用するのか? 一方青道グラウンドでは西邦、山守という強豪校を迎え、三つ巴の練習試合が始まっていた。

次の

ダイヤのA actII

ダイヤ の a アクト 2 動画

後を引き継いだ金田は粘り強く投げ抜くも、山守学院の勢いは止められず、青道の連勝記録は19で止まってしまう。 2020-06-23• 巨摩大藤巻のエース・本郷正宗が満を持して初先発。 ここのところ大きな試合を任されてる沢村に、新たな試練が降りかかる。 序盤、相手チームにリズムを掴まれた反省もそこそこに、次戦の相手となる八弥王子の分析と対策を始める。 2020-06-23• 浅田の投球は上級生に通用するのか? かたやベンチ入り返り咲きを狙って気迫のこもった投球を続ける上級生チームの川島。 決勝戦の相手は薬師高校。 先攻をとった青道は、市大三高のエース・天久光聖の立ち上がりを攻める! ワンアウトランナー3塁で迎えるは、小湊春市から始まる青道のクリーンナップ。

次の