難問 別所 氏 家臣 三宅 治 忠 が 行なっ た こと として 正しい もの は 次 の うち どれ か。 青空WING 青空文庫全作品の語彙別利用順位

松山重治―境界の調停と軍事

難問 別所 氏 家臣 三宅 治 忠 が 行なっ た こと として 正しい もの は 次 の うち どれ か

重治が有馬郡を基盤とし、・播磨との関係を構築する中、被官となったのだろう。 これらはいずれも幕府、権の首脳部に報告された戦功であった。 さらに、『戦三』五一四が示すように 重治旗下に編成された者たちの多くは与力であったことが推測できる。 松山重治は松介として著名であるが、永禄7年(1564)以降は出家している。 天文20年(1551)11月21日、津田の茶会に松介、「岩成力介」(石成友通)、中西宗如、宗好が出席している。

次の

青空WING 青空文庫全作品の語彙別利用順位

難問 別所 氏 家臣 三宅 治 忠 が 行なっ た こと として 正しい もの は 次 の うち どれ か

所々に戦功あり。 だが、事態は好転しなかった。 がの三男・昌幸を登用する際に武田一門の武藤名字を与え、斎藤義竜が一色に名字を改めた際、家臣団にも一色家臣の名字を付与するなど、 既存の体制を生かしつつ登用を行う方が「常識的」であったからだ。 其後、村に来たり。 特に彦十郎は 「重」を名乗っているため、重治と近しい関係性にある可能性が高い。 単なる誤記であろうか。 さらに『』では松山重治の家臣として以下の人名を挙げる。

次の

青空WING 青空文庫全作品の語彙別利用順位

難問 別所 氏 家臣 三宅 治 忠 が 行なっ た こと として 正しい もの は 次 の うち どれ か

この中で重治の復帰もなされたものと見え、松山軍団は長慶のカリスマを義継のカリスマに置き換えることで、一軍として甦ったと思しい。 次に、 それまで登用が目立たなかった名字が散見される点がある。 彦十郎は苦悩の末に松永方となったが、久秀は永禄9年(1566)6月に敗れ、行方不明となった。 分裂していた三人衆とはこの過程で急速に接近していったと見られる。 想像が強い仮定ではあるが、この「松介重」を松介として重治の後継者として記すことにする。

次の

松山重治―境界の調停と軍事

難問 別所 氏 家臣 三宅 治 忠 が 行なっ た こと として 正しい もの は 次 の うち どれ か

はこれに対処すべく、起請文を出した上で彦十郎に尼崎を与えるとした。 また、松山守勝が重治を 「同名新介」と呼ぶことから、 重治と守勝は親族であろう。 こうしたことから、 『』による情報もまんざらデタラメというわけでもなさそうである。 具体的には梶村氏、郡氏、神谷氏、成合氏、氏、氏などは、の限り( これは本当になので普通に史料を見落としている可能性が高いことを留意されたい)権以前には名前が特筆される存在として編成され得なかった氏族である。 そもそも重治自体が一貫して仮名「新介」を帯びており、松山守勝(与兵衛尉・安芸守)より官途から見れば低位である。 「堺の名物男」と称される由縁だが、『堺鑑』にはこのような表現は見えない。

次の

松山重治―境界の調停と軍事

難問 別所 氏 家臣 三宅 治 忠 が 行なっ た こと として 正しい もの は 次 の うち どれ か

長々と書いたが、ここでようやく広勝以外の松山一族のプロフィールをまとめよう。 それでは、 なぜはこの局面で松山彦十郎をさせたのだろうか。 としてもの軍事力を敵に回し、一山滅亡となるのは避けたく、穏当に済めばそれが最善であった。 しかし、現状では出自不明から取り立てられた、ということが重治のイメージの全てと言っても過言ではないほど、重治の実態を知らずに「松山重治」という名前のみ漂っているのではないだろうか。 彦十郎は当初は三人衆が尼崎を宛がうと約束し起請文を出したのに釣られたが、直後に伊丹氏の婿となって松永方となり、世間から失笑された(『細川両家記』)。 『』によると、本圀寺の変の際にに従って戦死している。

次の

青空WING 青空文庫全作品の語彙別利用順位

難問 別所 氏 家臣 三宅 治 忠 が 行なっ た こと として 正しい もの は 次 の うち どれ か

も永禄6年(1563)12月を息子久通に譲っているが、これも一代で成り上がった松永氏を三好氏の譜代として定着させるためであろう。 彦十郎はこれを受けて、三人衆方に寝返ったが、その後伊丹氏の婿になり再びに従った。 記録が残っていないだけかもしれないが、松山軍団が荘園の押領を行なった形跡は少なく、境界における大規模紛争も起らなかった。 による攻めの経緯を見よう。 桑原久井之助 『』の注釈ではの家臣・桑原大和守との関係を記すが、『武辺咄聞書』による限り桑原大和守は寺田氏、松浦氏と同類の和泉の国人のようである。

次の