アビスパ福岡 掲示板。 Jリーグ

Jリーグ

アビスパ福岡 掲示板

菊地が現役を引退した他、、ヤン・ドンヒョン、、石原、初瀬、加藤ら計12人が退団。 2009年2月7日• 、木曜 19時00分 - 19時30分• そのリンコン、アレックスのコンビは2007年チームにとって重要な得点源となった。 Jリーグ常務理事は「黒字化はなんとかなるが、債務超過(解消)は確証が持てない」と指摘 、報告時点において債務超過であった11のクラブのうち、9月のライセンス審査までに債務超過を解消させる目処が立っていないクラブは福岡のみであった。 日本プロサッカーリーグ. ここで先制点が欲しいなと思った 後半25分、ミスkらボールを奪われて遠野がドリブルで磐田ゴールの前まで持ち込む展開。 2018年11月26日閲覧。 の2008年6月12日時点におけるアーカイブ。 最終的に長崎を抜き返すことは出来ず、4位でシーズンを終え、2シーズンぶりのに回ることとなった。

次の

アビスパ福岡 スタッフブログ

アビスパ福岡 掲示板

第三者割当増資は9月22日付けで実施されシステムソフトが筆頭株主となり、同社社長の吉尾春樹とシステムソフトの親会社である常務取締役(代表取締役、代表取締役)の川森敬史が新たに非常勤の取締役に就任。 では、Bグループ第6節終了時点では6位だったものの、最終節対新潟戦の勝利により逆転でグループ2位となり、クラブ史上初の準々決勝進出を果たす。 FWが、MFが、へ期限付き移籍していたDFが、GKが・へ完全移籍、MFが、MFがへ期限付き移籍、DF(へ移籍)、MF、FW(以上へ移籍)が契約満了になった一方で、からFW、からDF、からGK、からMFを完全移籍で獲得。 成績 詳細は「」を参照 タイトル 国内タイトル• 先述の栃木戦以降ホームゲーム10戦勝ちなし(3分7敗)や、第17節から21節、23節には再び21位になるなど低迷は続き、最終節の勝利により、同シーズン最高順位の16位に浮上してシーズンを終えた。 、、が新加入した。 しかし自動昇格圏内順位となったのはこの時だけで、直後に連敗し暫定4位となり、その後は第26節ホーム横浜FC戦がの影響で中止になった際に暫定8位、第29節栃木戦に敗れた直後と第33節から第34節にかけ暫定7位となった以外、第41節終了時点までプレーオフ進出圏内となる6位以内を維持していたが、最終節アウェー岐阜戦に引き分け、前節まで7位だった大宮が最終節勝利したことにより順位を逆転され、最終的に5位大宮、6位東京Vと勝点差1の勝点70(19勝13分10敗)、7位で終了、2年連続のプレーオフ進出を逃した。 2014年 チームスローガン: 協力同心 福岡ヂカラ2014 プシュニク体制2年目。

次の

さっかりん アビスパ福岡 最新情報

アビスパ福岡 掲示板

2013年10月30日. 限定ユニフォーム 2015年• 開幕戦においても90分トータルでのゲームプランやその内容的には優位な展開に持ち込めることができていたもので、今季の陣容と戦力であればかなりの戦果も期待できそうな感じではしていたのですけれども…ね。 2019年10月19日. 開幕から3節は負けなし(2勝1分)だったが、直後に3戦未勝利(1分2敗)で一旦順位を11位まで下げた後、8戦負けなし(5勝3分)で3位まで浮上、1敗の後3連勝で、第17節終了時には暫定2位、第18節終了時には暫定首位に浮上する。 2014年11月15日閲覧。 サッカーキング. 2011年 - 2014年:• 2018年11月18日閲覧。 4度目のJ1からの降格はJリーグ史上最多タイ、またJ1最下位でのJ2降格はクラブ初で、J1年間総合順位で最下位となるのもJ2創設前の(で勝ち残りJ1残留)以来18シーズンぶりとなった。 シーズン終了後、久藤が監督を退任した。 また、MF、DF、FW、GKが期限付き移籍期間満了で退団。

次の

アビスパ福岡 スタッフブログ

アビスパ福岡 掲示板

西日本スポーツ 西日本新聞社. 第16節には2位となるも、第17節から前半戦終了の第21節まで首位をキープする。 11月10日、第40節の時点で6位以内の可能性が消滅し、最終的に14位でシーズンを終了した。 井原体制2年目。 さらに夏の移籍期間には湘南などでプレーしたFWを完全移籍で獲得すると攻撃にも厚みを増すようになり、相手によって3バックと4バックを使い分けるシステムも機能し始め、シーズン後半には自動昇格争いにも絡めるようになる。 2013年11月3日閲覧。

次の

完敗...|福岡 1

アビスパ福岡 掲示板

後半に入っても、なんとなく福岡の流れ。 一方、MF、DF、MFが完全移籍により復帰したほか、からDFとからFWがそれぞれ完全移籍で、からGKとからDFがそれぞれ期限付き移籍で加入。 10月22日に新潟に敗戦してJ2降格が決定。 西日本新聞. 但し、横浜FCは20クラブ中18位、福岡は22クラブ中18位• 、土曜25時35分 - 25時40分 ラジオ 現在• 8月26日の第31節戦から10試合連続勝利なしとなった10月28日、第40節大分戦での敗戦後に前田を監督から解任、が監督代行に就任したが、結局シーズン終了まで12戦連続勝利なし(5分7敗)のまま、J1在籍経験のあるクラブとしてのと並びシーズン終了時最低の順位となるJ2リーグ戦18位 でシーズンを終えた。 、成績不振により監督・リトバルスキー、ヘッドコーチ・クルーク、フィジカルコーチ・クレアを解任し、が監督に就任したが、最終順位は8位に終わった。 補植が終わった後には、素敵なお客様が。

次の

アビスパ福岡 スタッフブログ

アビスパ福岡 掲示板

濃紺をベースに伝統のストライプで仕上げられた。 2015年12月8日閲覧。 「2018ハチ祭り記念ユニフォーム」と題して製作。 シーズン成績は16位。 プレスリリース , アビスパ福岡, 2014年9月29日 , 2014年11月15日閲覧。

次の

さっかりん アビスパ福岡 最新情報

アビスパ福岡 掲示板

プレスリリース , アビスパ福岡, 2019年12月23日 , 2020年2月22日閲覧。 練習場は福岡市のである。 2017年9月23日閲覧。 前身「福岡ブルックス」のユニフォームデザインをベースに、ネイビーとイエローのボーダー柄でクラブ名の由来である「蜂」をイメージしたデザインに仕上げられた。 福岡地所 2015年 - 鎖骨 HAKATA GREEN HOTEL 2018年 - 背中上部 新日本製薬 2018年 - 背中下部 プランテルEX 2020年 - 袖 博多中洲 ふくや 2011年7月 - パンツ ピエトロ 2020年 - 2017年 - 2019年は背中下部 ユニフォームサプライの遍歴• 2014年11月14日閲覧。 37戦11勝11敗15分 43得点39失点 42戦21勝9敗12分 71得点45失点 17戦10勝4敗3分 25得点16失点 26戦17勝6敗3分 50得点28失点 24戦8勝11敗5分 28得点36失点 32戦10勝15敗7分 41得点59失点 37戦12勝16敗9分 43得点52失点 8戦3勝3敗2分 9得点10失点 36戦10勝17敗9分 43得点57失点 10戦1勝6敗3分 9得点14失点 19戦8勝9敗2分 24得点30失点 8戦3勝3敗2分 10得点9失点 29戦6勝18敗5分 33得点62失点 41戦11勝24敗6分 59得点72失点 19戦4勝5敗10分 20得点20失点 6戦4勝2敗0分 9得点8失点 28戦14勝10敗4分 40得点30失点 26戦14勝5敗7分 37得点24失点 11戦9勝2敗0分 21得点11失点 11戦2勝4敗5分 6得点10失点 3戦0勝2敗1分 2得点5失点 18戦5勝6敗7分 17得点19失点 21戦14勝3敗4分 41得点14失点 9戦7勝1敗1分 19得点9失点 12戦7勝3敗2分 20得点15失点 12戦6勝4敗2分 18得点17失点 16戦7勝8敗1分 20得点28失点 18戦7勝9敗2分 22得点27失点 4戦0勝2敗2分 4得点8失点 18戦5勝9敗4分 22得点30失点 5戦0勝3敗2分 4得点7失点 10戦4勝5敗1分 13得点15失点 4戦0勝3敗1分 2得点8失点 15戦5勝8敗2分 19得点29失点 20戦5勝10敗5分 27得点35失点 9戦3勝1敗5分 9得点6失点 3戦2勝1敗0分 6得点5失点 15戦9勝3敗3分 18得点10失点 13戦10勝1敗2分 20得点4失点 5戦4勝1敗0分 9得点4失点 6戦1勝3敗2分 5得点9失点 1戦0勝1敗0分 0得点1失点 19戦6勝5敗8分 26得点20失点 21戦7勝6敗8分 30得点31失点 8戦3勝3敗2分 6得点7失点 14戦10勝3敗1分 30得点13失点 12戦2勝7敗3分 10得点19失点 16戦3勝7敗6分 21得点31失点 19戦5勝7敗7分 21得点25失点 4戦3勝1敗0分 5得点2失点 18戦5勝8敗5分 21得点27失点 5戦1勝3敗1分 5得点7失点 9戦4勝4敗1分 11得点15失点 4戦3勝0敗1分 8得点1失点 14戦1勝10敗3分 14得点33失点 21戦6勝14敗1分 32得点37失点 10戦1勝4敗5分 11得点14失点 3戦2勝1敗0分 3得点3失点 13戦5勝7敗1分 22得点20失点 13戦4勝4敗5分 17得点20失点 6戦5勝1敗0分 12得点7失点 5戦1勝1敗3分 1得点1失点 2戦0勝1敗1分 2得点4失点 過去のシーズン成績 年度 順位 試合数 勝数 引分数 敗数 得点 失点 2019 J2 16位 42 12 8 22 39 62 2018 J2 7位 42 19 13 10 58 42 2017 J2 4位 42 21 11 10 54 36 2016 J1 2ndステージ 18位 17 2 2 13 15 41 2016 J1 1stステージ 18位 17 2 5 10 11 25 2015 J2 3位 42 24 10 8 63 37 2014 J2 16位 42 13 11 18 52 60 2013 J2 14位 42 15 11 16 47 54 2012 J2 18位 42 9 14 19 53 68 2011 J1 17位 34 6 4 24 34 75 2010 J2 3位 36 21 6 9 63 34 2009 J2 11位 51 17 14 20 52 71 2008 J2 8位 42 15 13 14 55 66 2007 J2 7位 48 22 7 19 77 61 2006 J1 16位 34 5 12 17 32 56 2005 J2 2位 44 21 15 8 72 43 2004 J2 3位 44 23 7 14 56 41 2003 J2 4位 44 21 8 15 67 62 2002 J2 8位 44 10 12 22 58 69 2001 J1 2ndステージ 15位 15 4 2 9 22 31 2001 J1 1stステージ 12位 15 5 0 10 13 25 2000 J1 2ndステージ 6位 15 7 2 6 22 20 2000 J1 1stステージ 14位 15 6 0 9 19 28 1999 J1 2ndステージ 15位 15 4 1 10 18 29 1999 J1 1stステージ 11位 15 6 0 9 23 30 1998 J1 2ndステージ 15位 17 5 0 12 11 38 1998 J1 1stステージ 18位 17 3 0 14 22 47 1997 J1 2ndステージ 15位 16 4 0 12 18 31 1997 J1 1stステージ 17位 16 3 0 13 11 27 1996 J1 15位 30 9 0 21 42 64. クラブ名のアビスパは、で「熊ん蜂()」の意味。

次の