ご 遠慮なく ご 連絡 ください。 「気兼ねなく」の意味と使い方とは?敬語表現や類語も例文で解説

ご遠慮なく /文例・敬語の使い方・意味

ご 遠慮なく ご 連絡 ください

「お申し付けください」は誤用ではない 相手への丁重な気持ちを表現する用法として定着している「お申し付けください」の場合、「申す」には「謙譲」の意味はなく、例外で、相手に対して「申す」を使うことは誤用ではないとされています。 いたらぬ点もあるかと思いますが、ご用向きなどありましたら幹事のほうに遠慮なくお申し出ください• さぁどう解釈するかです。 お忙しいところ恐れ入りますが、至急ご連絡いただければ幸いです。 ほんの一例ですが他にもある使い方を例文にまとめておきます。 また「仰せ付けください」は尊敬語のため、敬語表現としても正しい使い方になります。

次の

「ご連絡くださいませ」の意味と使い方・ビジネスメール例文

ご 遠慮なく ご 連絡 ください

できれば目上の人には「ご連絡お待ちしております」や「ご連絡お願いします」と言った方が印象が良くなります。 接客以外でも顧客や取引先の相手とメールをする際にもよく使用されます。 ) (別件「ご説明」は謙譲語として問題ないと思います。 ビジネスシーンではお客様や取引先などに対して、 「ご遠慮なくお申し付けください」「ご遠慮なくおっしゃってください」などと用います。 ・今夜は予定があるので、飲み会は遠慮しておきます。 また人以外にも「気兼ねない話」と使うことができます。

次の

「遠慮なく」の使い方・敬語・謙譲語・ビジネス|ご遠慮なく

ご 遠慮なく ご 連絡 ください

「気兼ねなく」の例文 「気兼ねなく」の例文を紹介します。 尊敬語は目上の人に対して使われる敬語なので、「お申し付けください」は目上の人に対して使える文言ですが、前述したように、あまり丁寧な表現ではないため、目上の人に何かを依頼したい場合は「お願いいたします」などを付け加えましょう。 A ベストアンサー >「お気軽」という表現が軽々しく聞こえてしまってしっくり来ません。 : おそらくですが、「お手軽」という表現に似ているので何となくそのように感じられるのではないでしょうか。 そのため、「遠慮なく」「ご遠慮なく」といった言葉よりも、「何なりと」といった言葉を使った方が、丁寧な気遣いが感じられるという意見もあります。 大変ありがたいこと。

次の

「お申し付けください」は正しい敬語?目上への使い方と例文

ご 遠慮なく ご 連絡 ください

〜につきまして 4月18日(月)にメールにて送りしましたが、 お手元に届いておりますでしょうか? もし、届いてないようでしたら申し訳ございません。 例文「ご連絡賜りますと幸いです」• 2のkeydaimonが仰る通り、「尊敬」「謙譲」「丁寧」の3種類に分かれます。 なので「ご依頼いたす」は無いです。 ・Please contact me if you have any questions. 「ご連絡ください。 ・何か必要なものがございましたら、どうぞご遠慮なくお申しつけ下さい。 「もしもお気づきのことがありましたら、お気兼ねなくご質問されてください」• 例えば相手から「大変申し訳ありませんでした」と言われた場合に「とんでもないです。

次の

敬語における「気軽に」の使い方と例文 ご遠慮無くとの違い

ご 遠慮なく ご 連絡 ください

ご不明な点がございましたら英語表現の例文• 例文「 ご連絡いただけますと幸いです」• ご連絡のほどお願い申し上げます 意味「連絡してくれるよう、お願い」• ちなみに蛇足ですが「いたします」には「謙譲」「丁寧」の両方の意味がありますが、相手によっては「丁寧」の意味しか無いと思っている場合がありますね~。 」あたりが思い浮かびますが、 「相談ご希望の方は遠慮なくお申し出ください」とするのもシンプルで良いと思います。 「お申し付けください」の使い方 「お申し付けください」は社内の先輩や上司に対して使う 「お申し付けください」は、主に目上の相手やお客様に対して使う言葉です。 状況に合わせた「ご不明な点がございましたら」を使っていこう 「ご不明な点がございましたら」の様々な使い方について紹介してきました。 敬語の重複が必ずしも不自然になるということではない、ということなのだろうと思います。 前述したように、自分が何かを引き受けている時、請け負っている立場の時に、上司やお客さま、依頼主、取引企業などのような目上の人に対して「お申し付け下さい」を用いますが、近しい上司や先輩などに対しては「お申し付け下さい」はあまりふさわしくないので注意が必要です。 自分の上司に向かって「お申し付けください」を使うことは間違いではありませんが、社外の人が多い場面では同じシチュエーションでも「仰ってください」が自然です。

次の

「ご遠慮なくご相談ください」は正しい使い方ですか?

ご 遠慮なく ご 連絡 ください

「言ってください」や「話してください」が丁寧語ではないように、動詞の部分に着目するのではなく、「ください」の部分に着目しましょう。 在庫確認やお取り寄せのご相談など、その場で迅速に対応いたします。 ・彼は気兼ねなく話せる気さくな人です。 間違いではありませんが「ください」と断定している文章のため、相手に強要するような印象を与えてしまう恐れがあります。 「忌憚」は、遠慮や気兼ねすることを意味しますから、「忌憚なく」で遠慮や気兼ねを否定して、積極的で率直になっていただきたいという思いを込めることができます。 (Goo辞書「ご」で調べてもそうありますね)。

次の

「遠慮なく」の使い方・敬語・謙譲語・ビジネス|ご遠慮なく

ご 遠慮なく ご 連絡 ください

名詞と組み合わせる場合 「気兼ねなく」は名詞と組み合わせて使うこともできます。 「ご遠慮なく」は、目上の相手に対して使える表現ですが、相手によっては失礼な印象を与えてしまう可能性もあるので、そういった場合は「遠慮なさる」を使うのが良いでしょう。 chiebukuro. ・微力ながらお役にたちたいと存じていますので、何なりとお申し付けください。 腹を割って 「腹を割る」は 「包み隠さず真意を明かす」という意味です。 「ご遠慮なく」や「何なりと」、「お気軽に」を使った例文や「お問い合わせ」「ご連絡ください」、「お申し付けください」を使ったビジネスメールに使用できる文例を紹介していきます。 原則訓読みの言葉には「お」、音読みの言葉には「ご」を使用します。

次の

「お申し付けください」の例文・使い方・類語|敬語/メール

ご 遠慮なく ご 連絡 ください

敬語表現の重複でくどいのではないか、という捉え方もあるかもしれません。 あくまでもマナーやサービスの一環として「希望があれば言ってください・遠慮なく依頼してください・すぐに対応できます」といったニュアンスで使用されます。 転職・ノマドでございます。 【講演会・説明会などで】 ・何かご質問があれば、ご遠慮なくおたずね下さい。 「相談を希望される方はご遠慮なくお申し出ください。 「遠慮なく」の敬語表現については、以下のような見解が存在しています。

次の