卓球 世界 ランク 女子。 卓球世界ランキング:伊藤美誠が日本勢最高位の2位浮上|4月16日発表

卓球世界ランキング:伊藤美誠が日本勢最高位の2位浮上|4月16日発表

卓球 世界 ランク 女子

日本卓球協会• 1924:• 男子は特に2位争いが白熱しているので油断が出来ない戦いが続いていますね。 カデットの出場資格は開催年に15歳の誕生日を迎える選手までが対象となる 2017年開催の場合は、2002年1月1日生まれ以降。 記事は、卓球日本代表がを大きな目標にして、伊藤、などの2000年代生まれの選手の育成に力を入れてきたと紹介。 成績 [ ] オリンピック日本代表 [ ] 年・大会 男子シングルス 女子シングルス 男子ダブルス 女子ダブルス ソウル ベスト16 ベスト16 小野誠治 宮崎義仁 予選敗退 星野美香 石田清美 ベスト4 予選敗退 予選敗退 斎藤清 予選敗退 予選敗退 予選敗退 バルセロナ 予選敗退 星野美香 ベスト16 渋谷浩 松下浩二 予選敗退 星野美香 山下富美代 予選敗退 予選敗退 ベスト16 渡辺武弘 予選敗退 佐藤利香 予選敗退 渡辺武弘 予選敗退 予選敗退 アトランタ 松下浩二 ベスト16 ベスト8 渋谷浩 松下浩二 ベスト8 小山ちれ 東童多英子 ベスト8 渋谷浩 予選敗退 佐藤利香 予選敗退 田崎俊雄 予選敗退 佐藤利香 予選敗退 予選敗退 予選敗退 シドニー 松下浩二 ベスト16 小山ちれ ベスト8 偉関晴光 田崎俊雄 ベスト16 小西杏 ベスト16 田崎俊雄 ベスト16 ベスト16 松下浩二 渋谷浩 予選敗退 坂田倫子 予選敗退 ベスト32 ベスト32 アテネ 松下浩二 ベスト32 ベスト16 田崎俊雄 ベスト16 梅村礼 藤沼亜衣 ベスト8 遊澤亮 1回戦敗退 藤沼亜衣 ベスト16 新井周 遊澤亮 ベスト32 1回戦敗退 ベスト16 年・大会 男子シングルス 女子シングルス 男子団体 女子団体 北京 ベスト16 福原愛 ベスト16 韓陽 水谷隼 岸川聖也 ベスト8 福原愛 平野早矢香 福岡春菜 ベスト4 ベスト32 ベスト32 2回戦敗退 ベスト32 ロンドン 岸川聖也 ベスト8 ベスト4 水谷隼 岸川聖也 ベスト8 福原愛 石川佳純 平野早矢香 銀メダル 水谷隼 ベスト16 福原愛 ベスト8 リオデジャネイロ 水谷隼 銅メダル 福原愛 ベスト4 水谷隼 丹羽孝希 銀メダル 福原愛 石川佳純 銅メダル 丹羽孝希 ベスト8 石川佳純 ベスト32 年・大会 男子シングルス 女子シングルス 男子団体 女子団体 混合ダブルス 東京 伊藤美誠 張本智和 丹羽孝希 水谷隼 伊藤美誠 石川佳純 水谷隼 伊藤美誠 丹羽孝希 石川佳純 世界選手権メダル獲得者 [ ] 個人戦 [ ] 大会 シングルス ダブルス 男子 女子 男子 女子 混合 1952 ボンベイ 金 金 金 1954 ウェンブリー 金 銀 銅 荻村伊智朗 銅 江口冨士枝 銀 富田芳雄 江口冨士枝 銅 1955 ユトレヒト 金 銅 渡辺妃生子 銅 荻村伊智朗 銅 田中良子 楢原静 銅 田中利明 楢原静 銅 渡辺妃生子 江口冨士枝 1956 東京 金 荻村伊智朗 金 金 荻村伊智朗 富田芳雄 銀 渡辺妃生子 江口冨士枝 銅 田中良子 銀 田中利明 銀 渡辺妃生子 銅 銅 田中利明 銅 大川とみ 田中良子 銅 江口冨士枝 銅 富田芳雄 1957 ストックホルム 金 田中利明 金 江口冨士枝 銀 荻村伊智朗 田中利明 金 荻村伊智朗 江口冨士枝 銀 荻村伊智朗 銅 渡辺妃生子 銅 角田啓輔 銅 角田啓輔 1959 ドルトムント 銅 荻村伊智朗 金 金 荻村伊智朗 金 難波多慧子 金 荻村伊智朗 江口冨士枝 銀 江口冨士枝 銀 江口冨士枝 松崎キミ代 銀 村上輝夫 松崎キミ代 1961 北京 銅 松崎キミ代 金 金 荻村伊智朗 松崎キミ代 銅 星野展弥 1963 プラハ 金 松崎キミ代 銅 金 松崎キミ代 関正子 金 木村興治 銅 銀 三木圭一 関正子 1965 リュブリャナ 金 深津尚子 銀 関正子 山中教子 金 木村興治 関正子 銅 山中教子 銅 小中健 1967 ストックホルム 金 金 銅 長谷川信彦 河野満 金 森沢幸子 金 長谷川信彦 山中教子 銀 銀 深津尚子 銀 深津尚子 山中教子 銀 木村興治 深津尚子 銅 木村興治 銅 山中教子 1969 ミュンヘン 金 金 銀 長谷川信彦 田阪登紀夫 金 長谷川信彦 銅 銀 河野満 広田佐枝子 銅 銅 伊藤繁雄 河野満 銅 銅 伊藤繁雄 小和田敏子 1971 名古屋 銀 伊藤繁雄 銅 長谷川信彦 田阪登紀夫 銀 銅 銅 濱田美穂 銅 銅 1973 サラエヴォ 金 濱田美穂 銅 1975 カルカッタ 銅 河野満 銅 伊藤繁雄 阿部勝幸 金 マリア・アレキサンドル 銅 伊藤繁雄 大関行江 銅 銅 大関行江 1977 バーミンガム 金 河野満 銀 田阪登紀夫 横田幸子 1979 平壌 金 1983 東京 銅 小野誠治 阿部勝幸 1997 マンチェスター 銅 2001 大阪 銅 2009 横浜 銅 2011 ロッテルダム 銅 岸川聖也 2013 パリ 銅 水谷隼 岸川聖也 2015 蘇州 銅 銀 2017 デュッセルドルフ 銅 銀 銅 金 銅 2019 ブダペスト 銀 銀 銅 団体戦 [ ] 浜本由惟 2016世界選手権 大会 男子団体 女子団体 1952 ボンベイ 銅 ・・ 金 ・ 1954 ウェンブリー 金 ・・・ 金 ・・・ 1955 ユトレヒト 金 荻村伊智朗・・富田芳雄・田舛吉二 銀 田中良子・楢原静・江口冨士枝・渡辺妃生子 1956 東京 金 荻村伊智朗・田中利明・富田芳雄・ 銅 田中良子・江口冨士枝・渡辺妃生子・ 1957 ストックホルム 金 荻村伊智朗・田中利明・角田啓輔・ 金 江口冨士枝・渡辺妃生子・大川とみ・ 1959 ドルトムント 金 荻村伊智朗・・・ 金 ・江口冨士枝・・難波多慧子 1961 北京 銀 荻村伊智朗・星野展弥・・村上輝夫・ 金 松崎キミ代・山泉和子・大川とみ・ 1963 プラハ 銀 荻村伊智朗・木村興治・・ 金 松崎キミ代・・関正子・ 1965 リュブリャナ 銀 荻村伊智朗・木村興治・小中健・・ 銀 ・関正子・山中教子・ 1967 ストックホルム 金 ・・木村興治・・ 金 深津尚子・・・山中教子 1969 ミュンヘン 金 長谷川信彦・・河野満・・ 銅 ・広田佐枝子・・森沢幸子 1971 名古屋 銀 長谷川信彦・伊藤繁雄・河野満・井上哲夫・ 金 小和田敏子・・今野安子・ 1973 サラエヴォ 銅 長谷川信彦・河野満・・・田阪登紀夫 銅 大関行江・・・ 1975 カルカッタ 銅 大関行江・横田幸子・枝野とみえ・ 1977 バーミンガム 銀 河野満・井上哲夫・・高島規郎・田阪登紀夫 1979 平壌 銅 ・前原正浩・・・高島規郎 銅 ・・・ 1981 ノヴィ・サド 銅 小野誠治・前原正浩・阿部博幸・五藤ひで男・高島規郎 1983 東京 銀 ・・・ 2000 クアラルンプール 銅 ・・・・ 2001 大阪 銅 ・・・・ 2004 ドーハ 銅 ・・・・ 2006 ブレーメン 銅 平野早矢香・福原愛・藤沼亜衣・・ 2008 広州 銅 ・・・・ 銅 平野早矢香・福原愛・・福岡春菜・ 2010 モスクワ 銅 水谷隼・岸川聖也・・吉田海偉・ 銅 平野早矢香・福原愛・石川佳純・藤井寛子・藤沼亜衣 2012 ドルトムント 銅 水谷隼・岸川聖也・・・ 2014 東京 銅 水谷隼・丹羽孝希・松平健太・岸川聖也・ 銀 平野早矢香・石川佳純・・・ 2016 クアラルンプール 銀 水谷隼・丹羽孝希・吉村真晴・松平健太・ 銀 福原愛・石川佳純・・・ 2018 ハルムスタッド 銀 石川佳純・伊藤美誠・・・ ワールドカップメダル獲得者 [ ] アジア競技大会代表の2017 大会 シングルス ダブルス 団体 男子 女子 男子 女子 混合 男子 女子 東京 銀 金 金 金 江口冨士枝 銀 荻村伊智朗 角田啓輔 金 江口冨士枝 難波多慧子 山泉和子 銀 山泉和子 銅 銀 銅 銅 銅 銅 ジャカルタ 金 金 金 金 金 金 金 銀 銀 銀 銅 銀 銀 銅 三木圭一 関正子 銅 銅 銅 バンコク 銀 金 金 金 金 木村興治 深津尚子 金 長谷川信彦 木村興治 高橋浩 金 深津尚子 山中教子 銅 銀 山中教子 銀 長谷川信彦 銅 銅 三木圭一 山中教子 テヘラン 銀 金 長谷川信彦 河野満 銀 銅 河野満 枝野とみえ 銀 長谷川信彦 河野満 銅 枝野とみえ 大関行江 バンコク 銅 銅 銅 銀 銅 小室恵子 長洞久美子 新保富美子 ニューデリー 銀 金 銅 銀 斎藤清 銅 ソウル 銅 銅 銅 斎藤清 糠塚重造 銅 星野美香 銅 糠塚重造 斎藤清 銅 星野美香 橘川美紀 北京市 銅 広島 金 銅 銅 バンコク 銅 銅 渋谷浩 釜山 銅 広州 銅 銅 銅 銅 銅 銅 銅 銅 仁川 銅 銅 銅 銀 アジア選手権メダル獲得者 [ ] この節のが望まれています。 3位以降は運が良ければ決勝まで当たりませんが、決勝前に当たる確率もあります。 元々、多彩なレシーブと打点が早い攻撃を持ち合わせていましたが、唯一ラリーになると後手に回る事が多くなっていたようです。

次の

卓球 女子世界ランキング(女子総合/女子U

卓球 世界 ランク 女子

。 そして続く11位には平野美宇がつける。 10選手中6選手を中国勢が占め、卓球王国として存在感を放つ状況には変わりはない。 2位は19歳の(スンイーシャ・中国)。 オーストリアOPベスト8の顧玉婷(グーユーティン・中国)は54位から47位へ、同大会ベスト4の19歳、銭天一(チェンティエンイ・中国)は71位から43へと、大きく順位を上げた。

次の

卓球女子世界ランキング(2月発表)|伊藤美誠、連続のトップ3入り 上位陣変動なし

卓球 世界 ランク 女子

東京五輪代表の石川佳純(全農)は9位。 主な出場大会として、、、、がある。 2016年11月3日閲覧。 副会長 )らが中心となって若年層からの強化策を出した。 卓球ジュニア日本代表 所属連盟 ITTF 、 ATTU 協会 JPN 男子、女子 男子1位、女子1位 初出場年 2003 サンティアゴ 男子最高成績 1 2005,2016 女子最高成績 1 2010,2016 初出場年 1964 ソウル 男子最高成績 1 1964,1967,2007 女子最高成績 1 1964,1967 初出場年 2006 北九州 男子最高成績 1 2016 女子最高成績 1 2014 ( ) 卓球ジュニア日本代表は、によって選出され、18歳以下の国際大会に派遣されるの日本の年代別のである。 11月のワールドツアー・オーストリアOPやチームW杯、T2ダイヤモンドなどの結果が反映されている。

次の

卓球 女子世界ランキング(女子総合/女子U

卓球 世界 ランク 女子

2016年11月3日閲覧。 15歳の大藤沙月も5ランクアップの90位と、中学生の2人が世界のトップ選手へと歩みを進めている。 卓球王国• 50位以下では、ハンガリーOPで本選出場を果たした14歳、小塩遥菜が順位を16上げて86位に。 当時だったに提案されに設立された。 。 日本国内でも9月中旬までの主要大会が中止になるなど暗い話題が多かったが、久しぶりに明るいニュースが飛び込んできた。

次の

【最新】卓球世界ランキング・女子トップ20

卓球 世界 ランク 女子

【卓球】曰く、「マジックカット」。 日本卓球協会. 女子世界ランキングトップ10 1(1) 陳夢(中国) 17015 2(2) 孫穎莎(中国) 15460 3(3) 伊藤美誠(日本) 14720 4(5) 王曼昱(中国) 14425 5(4) 劉詩雯(中国) 14400 6(7) 丁寧(中国) 13450 7(6) 朱雨玲(中国) 13015 8(8) 馮天薇(シンガポール) 11100 9(9) 石川佳純(日本) 10950 10(10) 鄭怡静(チャイニーズタイペイ) 10915 選手名右の数字はランキングポイント 順位右の()内は先月. と比べ、漢字が多いランキングになっていますが、女子の卓球世界ランキングをご覧ください。 2016:• 17日、騰訊網は、日本の女子卓球界において伊藤美誠のほかに将来中国代表の強敵となる可能性を秘めている若手選手を紹介する記事を掲載した。 その上で、日本女子による脅威は伊藤だけに限らないとし、大きな潜在力を秘めた選手として、張本の妹である張本美和の名を挙げた。 これで陳夢は、2019年6月から、9ヶ月連続でランクトップを保持していることになる。 1992:• 国際卓球連盟• 通常だと注意を受けるだろぅ打ち方ですが、早さ・コンパクトを追求するとああなるのかもしれないですね? 又、脅威的なのは、バック側に使っている表ソフトラバーからバックドライブを打つのが凄いです。

次の

伊藤美誠が日本勢初の世界2位!石川佳純9位、平野美宇11位<卓球・女子 最新世界ランク>|テレビ東京卓球NEWS:テレビ東京

卓球 世界 ランク 女子

() () 3月のWR 前回のWR ランキングポイント 選手氏名 3 3 15080 伊藤 美誠 9 9 11100 石川 佳純 11 11 10815 平野 美宇 18 18 8600 佐藤 瞳 21 23 7625 加藤 美優 23 21 7320 早田 ひな 39 38 6150 芝田 沙季 42 39 6020 橋本帆乃香 53 49 5395 木原 美悠 59 60 4785 長﨑 美柚 71 71 4035 森 さくら 72 72 3990 安藤みなみ 86 102 3535 小塩 遥菜 90 95 3485 大藤 沙月 92 89 3465 塩見 真希. カタールオープン決勝で伊藤に立ちはだかった(チェンムン・中国)とは、約2500Pt差と大きく離されているが、2位浮上と卓球界に明るいニュースが飛び込んだ。 2016年11月3日閲覧。 国際卓球連盟. 2032: 注4. 卓球王国• ・使用用具 シェケットを使用しており、フォア側に裏ソフトラバー、バック側に表ソフトラバーを使用しています。 多彩なレシーブをしながら相手を崩し、代名詞とも言える 美誠パンチ(スマッシュ)を繰り出します。 毎月発表される最新の卓球世界ランキング、日本女子選手のトップ20をまとめています。 オリンピックのは、選出された3人のランキングで架空の対戦をし国別のランキングを出すようです。 日刊スポーツ• 男子チームランキング 1 中国 2 ドイツ 3 日本 4 韓国 5 スウェーデン 6 ブラジル 7 チャイニーズタイペイ 8 インド 9 フランス 10 ポルトガル 11 オーストリア 12 クロアチア 13 イングランド 14 香港 14 スロベニア 16 エジプト 16 ナイジェリア 18 デンマーク 18 スロバキア 18 ルーマニア 21 チェコ 22 ロシア 23 ベラルーシ 24 ウクライナ 25 ベルギー 26 ハンガリー 27 アメリカ 28 ポーランド 29 イタリア 29 イラン 31 スペイン 31 アルゼンチン 33 プエルトリコ 34 ギリシャ 35 セルビア 36 オーストラリア 37 チリ 38 タイ 39 シンガポール 40 オランダ 41 メキシコ 42 北朝鮮 43 パラグアイ 44 カナダ 45 ニュージーランド 46 トーゴ 47 スイス 47 カザフスタン 49 フィンランド 49 ルクセンブルグ 49 サウジアラビア 52 エクアドル 53 トルコ 54 アルジェリア 55 イスラエル 56 南アフリカ 56 キューバ 56 リトアニア 59 アンゴラ 60 ウズベキスタン 61 ブルガリア 61 マダガスカル 63 マレーシア 64 タヒチ 65 モーリシャス 66 コンゴ民主共和国 66 ヨルダン 68 グワテマラ 69 コートジボアール 69 チュニジア 71 コンゴ共和国 72 ベネズエラ 73 スリランカ 73 アラブ首長国連邦 75 レバノン 75 セネガル 77 フィリピン 78 モルドバ 78 カタール 80 フィジー諸島 81 インドネシア 81 ドミニカ共和国 83 ガーナ 84 バヌアツ 84 サンマリノ 86 エリトリア 87 ベトナム 88 マカオ 89 ノルウェー 90 パキスタン 90 トルクメニスタン 92 モロッコ 92 ニューカレドニア 94 ネパール 95 モンゴル 96 ペルー 97 キプロス 98 キルギス 99 パプアニューギニア 99 ベナン 101 セーシェル 102 バーレーン 103 スコットランド 104 エストニア 105 ケニア 106 アイルランド 106 モンテネグロ 108 クウェート 108 イラク 110 パレスチナ 111 オマーン 112 エチオピア 113 アイスランド 114 ジブチ 115 パナマ 116 ジャマイカ 117 ガイアナ 118 ウェールズ 119 コソボ 120 ガボン 121 ボスニアヘルツェゴビナ 122 バルバドス 123 バングラディシュ 124 アゼルバイジャン 125 ラトビア 126 エルサルバドル 127 イエメン 127 コスタリカ 129 マケドニア 130 コロンビア 130 カメルーン 132 ホンジュラス 133 マルタ 134 セントルシア 135 ニカラグア 136 ソロモン諸島 137 トリニダードドバコ 138 パラオ 138 サモア 140 ボリビア 141 ウガンダ 141 クック諸島 141 フェロー諸島 144 アフガニスタン 144 ミャンマー 146 ジャージー 147 セントビンセント 148 モルディブ 149 ギニア 149 マラウイ 151 カンボジア 女子チームランキング 1 中国 2 日本 3 ドイツ 3 チャイニーズタイペイ 5 香港 6 シンガポール 6 韓国 8 ルーマニア 9 アメリカ 10 オランダ 11 ハンガリー 11 オーストリア 13 ポーランド 14 ロシア 15 プエルトリコ 16 ウクライナ 17 北朝鮮 18 スペイン 18 タイ 20 ルクセンブルグ 21 インド 21 エジプト 23 スウェーデン 23 フランス 25 ブラジル 26 チェコ 27 イタリア 28 チリ 28 セルビア 30 ベラルーシ 31 ベルギー 32 スロバキア 32 アルゼンチン 32 オーストラリア 35 クロアチア 36 ナイジェリア 37 トルコ 38 カザフスタン 38 カナダ 40 イングランド 40 メキシコ 42 アルジェリア 43 スロベニア 44 マレーシア 45 南アフリカ 46 バヌアツ 46 ギリシャ 48 ドミニカ共和国 49 チュニジア 50 スイス 50 グアテマラ 52 モーリシャス 53 コロンビア 53 フィジー諸島 55 ポルトガル 55 イラン 57 ウズベキスタン 58 リトアニア 59 パラグアイ 59 キューバ 61 エストニア 62 コンゴ民主共和国 63 モンゴル 64 スリランカ 64 ブルガリア 66 インドネシア 67 ニュージーランド 68 フィンランド 69 コンゴ共和国 70 トルクメニスタン 71 マダガスカル 71 ボスニアヘルツェゴビナ 71 ノルウェー 74 アンゴラ 74 カタール 76 エクアドル 76 フィリピン 78 ヨルダン 79 ニューカレドニア 80 ネパール 81 マカオ 82 モロッコ 83 アゼルバイジャン 84 エチオピア 84 ウェールズ 86 モルディブ 87 バングラディシュ 87 タヒチ 89 ウガンダ 90 レバノン 91 デンマーク 91 ペルー 93 セーシェル 93 イスラエル 95 ガイアナ 96 トリニダードトバコ 96 ガーナ 98 ラトビア 99 モンテネグロ 100 スコットランド 101 キルギス 101 ベネズエラ 101 エルサルバドル 104 モルドバ 104 マケドニア 106 エリトリア 106 ケニア 108 バルバドス 109 ソロモン諸島 110 サンマリノ 111 アイスランド 111 キプロス 113 パプアニューギニア 114 コートジボアール 115 パキスタン 116 ベトナム 116 サモア 118 トンガ 119 コソボ 120 カメルーン 121 コスタリカ 121 ジブチ 123 サウジアラビア 124 ホンジュラス 124 フェロー諸島 126 パラオ 127 ツバル 128 ジャマイカ 129 ギニア 129 トーゴ 131 マルタ. J-CASTニュース. ・プレースタイル 前陣(台の近くで戦う)で戦い、打球点が早いのが特徴。

次の

【最新】卓球世界ランキング・女子日本選手トップ20

卓球 世界 ランク 女子

- ATTU. -ITTF museum• 上位陣に大きな変動なし 女子トップ10では、伊藤が(スンイーシャ・中国)と入れ替わり2位に、劉詩雯(リュウスーウェン・中国)が(ワンマンユ・中国)と入れ替わり4位になった以外は変動がなかった。 故障だけには気を付けて、頑張って欲しいです。 上位3選手は変動なく、ファン・ジェンドン(中国)、キョ・キン(中国)、マ・ロン(中国)の順となっている。 1906: 注1• 2002年、将来性があると思われる選手を、欧州のトップコーチであるマリオ・アミズィッチの元で指導させる、ドイツを拠点とした育成システムがスタートさせた。 11月の大会で成績を残して1000pt以上を加算し、一気に4位まで順位を上げた。

次の

卓球女子世界ランキング(3月発表)|ハンガリーOP優勝の伊藤美誠は3位キープ

卓球 世界 ランク 女子

2位は、卓球帝国の超新星・ (スンイーシャ・中国)、3位には日本のエース、 伊藤美誠という日中のライバルが続けてランクイン。 4位から7位までも中国勢が占め、卓球帝国が存在感を示している。 ユースオリンピック日本代表 [ ] 大会 シングルス 団体 男子 女子 シンガポール 金 ベスト8 銅 南京 銀 ベスト4 銀 ブエノスアイレス 銀 銀 銀 世界ジュニア卓球選手権メダル獲得者 [ ] 大会 シングルス ダブルス 団体 男子 女子 男子 女子 混合 男子 女子 サンティアゴ 金 銅 銅 銅 銀 神戸 銅 金 銅 銅 銀 リンツ 銀 銅 銅 金 銅 カイロ 金 銅 銅 銀 銀 銅 パロアルト 銀 銅 銅 銅 マドリード 銅 銅 銅 銅 石川佳純 銅 銀 石川佳純 銅 石川佳純 カルタヘナ 銅 銅 銀 ブラチスラヴァ 銀 金 銀 銀 金 銅 マナーマ 金 銅 銀 銀 銅 ハイデラバード 銅 銅 銀 銀 ラバト 銅 銅 銀 銀 上海 銀 銀 銀 銀 ケープタウン 金 銅 銀 銀 銀 金 金 リーヴァ・デル・ガルダ 銅 銅 銅 銀 銀 銅 銅 ベンディゴ 銀 銅 銀 銀 銀 銅 アジアユースゲームズメダル獲得者 [ ] 大会 シングルス ダブルス 団体 男子 女子 混合 シンガポール 銅 銅 銅 アジアジュニア卓球選手権メダル獲得者 [ ] 大会 シングルス ダブルス 団体 男子 女子 男子 女子 混合 男子 女子 金 金 金 うちの くみよし 金 銅 金 金 金 金 銀 銀 おおひら さとし 銀 銅 おおひら さとし いそがい ゆきお やました ひろし 銅 銅 いそがい ゆきお 銅 やました ひろし 銅 金 銀 銅 銅 銅 金 銅 銀 銅 銅 銅 銅 銀 銀 銅 銅 銅 銅 銅 銅 銅 金 銅 銅 銅 銅 銅 銅 銅 銅 銅 銅 銅 銅 銅 金 銅 銅 銀 銀 銅 銅 銀 銅 銅 銅 金 銅 金 銀 銅 銅 銅 銅 銅 金 銅 銅 金 銅 銀 銀 銀 金 銅 銀 銀 銀 銅 銀 銀 銅 銅 銅 銅 金 銅 銀 銀 銅 銀 銀 銅 銅 銅 銅 銀 銅 銅 銅 銅 銀 銀 銅 銅 銀 銅 銅 銅 銅 銀 アジアカデット卓球選手権メダル獲得者 [ ] 大会 シングルス 団体 男子 女子 男子 女子 銅 銅 銀 金 銅 銅 銅 銀 金 銅 金 金 金 銀 銅 銅 銅 銅 銅 銅 銅 銀 銀 銅 銀 銅 銀 銀 銀 銅 銅 銀 銅 銅 銅 金 銅 銅 銅 銅 銀 銀 金 銀 銅 金 銅 銅 銀 銅 脚注 [ ] []• 自己最高の2位が手に届くところまで来ている。 2004:• 1位は陳夢(チェンムン・中国)、2位に(スンイーシャ・中国)と中国勢が続く。 現行の制度では初となる快挙。 卓球王国• 概要 [ ] は国際大会派遣の選考基準を大会ごとに発表しており 、や国際大会、国内大会などに実績に基づいて日本代表として派遣している。

次の