難波 八坂 神社。 大阪・難波八阪神社 獅子殿のインパクトが強すぎてお守り買うの忘れてた

合格祈願に!勝負運がUPする大阪のパワースポット難波八阪神社

難波 八坂 神社

かなり古くから由緒のある神社だといえます。 出雲に派遣され、そのまま出雲に3年間とどまったとされています。 鳥居をくぐって左手前方に、獅子殿があるのです。 なやみごと、やくよけはこちらで祈願しましょうと神社のパンフレットにも書かれている。 難波八坂神社のある難波地区だけでなく、道頓堀や戎橋筋も巡る大きなお祭りとなっているため、知名度も非常に高いです。 獅子頭の印があるのが特徴的ではないでしょうか? 2-4. 電車でのアクセス方法を中心に紹介します。 大阪らしい個性的な「獅子」に子供たちも大喜び間違いなし! アクセスも良く、難波に遊びに来たついでにふらっと立ち寄れる場所にあります。

次の

【大阪】大きな口を開けたご神体?難波八坂神社の歴史や見どころまとめ

難波 八坂 神社

夜になると目が光るのでインスタアップ兼ねて参拝にくる人が多いです。 獅子殿も本殿と同じく昭和49年(1974年)5月に完成し、目はライトで鼻はスピーカーになっています。 獅子とともにさまざまな歴史がある神社であることがおわかりいただけたでしょう。 そして、獅子頭は舞台となっていて、お正月や祭り、神事の際には、獅子舞や舞踊などが奉納されます。 獅子殿では近年、大きな口が勝利を呼び 邪気を飲みこみ勝運(商運)を招く意味で 学業向上・就職・入試の祈願をされる人が多いんですね。

次の

【難波八阪神社】アクセス・営業時間・料金情報

難波 八坂 神社

これは一年安泰の泰と鯛をかけていて一年安鯛ということのようです。 各地の八坂神社にまつられている神様です。 江戸時代に行われていたもので、実に230年ぶりの復活です。 また、神社の舞台にある獅子にあやかって「勝利」の御利益があるともされています。 他の二人の神様と異なり、異名はないようです。 常設の舞台を作るにあたり、 「 日本一の獅子頭を」ということで巨大な獅子頭が作られたそうです。 何で急に大阪の話になったのかって?今、大阪にいるんですよ。

次の

難波八阪神社と坐摩神社

難波 八坂 神社

また、それ以外にも近くにある難波戎橋筋商店街にある大寅さんや高島屋さんなども名前がありました。 大国町駅で下車して 北の改札口へ向かいます。 御祭神は素盞嗚尊(スサノオ ) 多くの神社では何らかの形でこのスサノオをお祀りしている場合が多いそうです。 年末年始や夏祭りになると、かなり混雑します。 また、餅まきや獅子舞の伝統芸能も見ることができます。 駅を出て、国道を目指して西に進んでいきます。

次の

難波八阪神社公式ホームページ

難波 八坂 神社

また、お参りに行った帰りにミナミ周辺のグルメもおすすめだと思います。 地域の信仰を感じ、授与品などを受け、設備を見学し、それが自分の神社にも有意義なものになればと思って巡っています。 地上に出たら目の前に国道25号線があるので、 2番出入口から出て 左、国道に沿ってしばらく歩きます。 とある別の神社の神職さんがこの神社の神職さんと話をしていたら、しきりに二階のほうが騒がしいので、「二階にどなたかがおられますか?先ほどから走り回っているような音が聞こえますね」と申し上げたら、 「あー、あれは式神です。 難波八坂神社の歴史は? ここまでで、難波八坂神社は非常にアクセスのよい神社ということが、おわかりいただけたでしょう。 実際に夜、見に行ったのですが遅くて閉門されていて見るどころか中に入ることもできませんでした。 頭部の部分の前で宮司さんらの記念撮影後、恵方の方角(南南東)に頭部を向ける為に移動します 恵方の方角に頭部を向け一直線にすると、綱引きが始められます。

次の

難波八阪神社と坐摩神社

難波 八坂 神社

八頭八尾のオロチに見立てた大綱を作りそれを引き合って、さらにその大綱を担いで街を巡行する綱引神事。 坐摩神社もそうでした。 神輿を中心に太鼓、獅子舞が巡行、地域の子供たちも参加し行列は100m近くに及びます。 まとめ いかがでしたでしょうか? 御朱印を集めるのが趣味なんて方は難波の各駅からそう遠くないのでオススメだと思います。 稲荷神社 稲荷神社は、五穀豊穣や商売繁盛の御利益がある神社です。 綱にさわると子宝になると言われています。

次の