モートン フェルドマン。 モートン・フェルドマンのピアノとオーケストラ作品

デイヴィッド・チューダー

モートン フェルドマン

あまり知られていないがフェルドマンはテープ音楽「Intersection for Magnetic Tape」 1953 を1つ作っている。 , p. 代表作品 劇音楽• Book for 3 version for rotisseries and modulators 1966年• フェルドマンの「On Time and the Instrumental Factor」を聴くなかで、ぼくが感じていたこと、みていたものは、マーク・ロスコの絵画をたくさん観たときに抱いた感覚と、とても近いように思えた。 「デイヴィッド・チューダー・クックブック」には彼がまとめたインド料理の調理法の中でもお気に入りのものが多数おさめられている。 Laser Bird 1973年• 「String Quartet No. Virtual Focus 1990年• この『バニタ・マーカスのために』も同様だ。 org. その演奏会場でと知り合った。

次の

あれでもなくこれでもなく〜モートン・フェルドマンの音楽を知る(1)

モートン フェルドマン

彼女は楽譜の読みとり方が深く、小さなルバートをかけたりして、作品を自分の物にしています。 , April 7, 1986• 荷物追跡有り。 2019年12月22日閲覧。 参考文献 [ ]• 制御を失うその瞬間にクリスタルのような音響が地平を成す。 特に1950年代以降に親しくなったジョン・ケージとの出会いは決定的で、互いに刺激しあい、伝統的な作曲技法から離れ、図形楽譜の使用や様々な新しいテクニックにより世界的な潮流を生み出しました。

次の

モートン フェルドマンとは

モートン フェルドマン

Toneburst: Maps and Fragments 1996年 ディスコグラフィ [ ]• また同時期より、の「」に指示されていたピアノのアンプリフィケーションをきっかけとし、楽器にエレクトロニクスを組み込むことをはじめた。 Island Eye Island Ear 1974年• , p. 楽譜片手に真剣に聴くも良し。 キャリアの初期には、ニコライ・ロースラヴェツ、レオ・オーンスタイン、ニコライ・カプースチン、フレデリック・ジェフスキーなどの近現代作曲家のレコーディングでも名を馳せてきたアムランが挑むフェルドマン。 にに帰後は州立ァロー校で法を教えた。 For Philip Guston 13:06• その音は、まるでニューヨーク発の瞑想的な音の魔法というべきものでした。

次の

作曲家検索:フェルドマン(モートン)

モートン フェルドマン

Five Stone 1988年• どっしりとしたものである。 2019年10月22日閲覧。 1960年頃からケージが主張しはじめる「パラメーター計測の放棄」や、「オブジェクトからプロセスへの移行」にしても、このようなチューダー独自の探求に多分に影響されたものである(とはいえ、チューダーの取り組みはつねに具体的な「楽器」というオブジェクトを軸にするため、ケージのような「オブジェクトかプロセスか」という単純な二項対立に陥ることはなかった)。 1957-62年 「Piece for four Pianos」 1957 、「Piano Four Hands 」 1958 、『Durations 1-5』 1960-61 など、1957年頃から持続の自由な楽譜が頻繁に用いられる。 Light Piece for David Tudor 1965年• Morton Feldman, : Collected Writings of Morton Feldman, Edited by B. ヴェーベルンの曲に対する失望と退屈のあまりブーイングを送った大半の観客と異なり、ケージもこの時のフェルドマンと同じ雰囲気を発していたのだろうか。 1970年、にてが、館のサウンド・システム担当、パヴィリオンをまるごと「楽器」として構想した。 For 'Bye-Bye Kipling' 1986年• あるいは、深い黙想に誘う音楽として聴かれるかもしれない。

次の

作曲家検索:フェルドマン(モートン)

モートン フェルドマン

Melodics for Amplified Bandoneon 1972年• グラフ用紙の升目による『Projections 1-5』 1950-51 はおそらく最もよく知られているフェルドマンの楽譜の1つだろう。 oxfordindex. 以上、フェルドマンの音楽と結びつきの深い人物と事物をごく簡単に列挙してみた。 フェルドマンの本作は今回が日本初演で、彼のピアノ曲などは聴いてきたが、このようにロスコの色彩とコンポジションに近接した幽境へと誘われたのは、やはりオーケストラ作品の響きの広大さ、その力と強度が大きかったのだろう。 偶然鳴った 音が面白くなかったと 異論を唱える人も いるかもしれない。 Solo for Piano for Indeterminacy 1958年• 3段目は、13という素数が現れます。 interlude. Fluorescent Sound 1964年• また、2003年にはフラックス四重奏団の演奏が録音化された(演奏時間6時間7分)。 モートン・フェルドマン「《トライアディック・メモリーズ》について」訳(高橋アキ『パルランド』所収). 1 Feldman, ibid. 生涯と作風 第一期 出身。

次の

モートン・フェルドマンの世界 Morton Feldman's World

モートン フェルドマン

ケージとフェルドマンを中心に、ボザ・マンションのコミュニティは徐々に音楽版のニューヨーク・スクール結成の機運を高めていく。 Music for Piano 4 electronic version 1964年• この連載でそれぞれをどの程度とりあげることができるのか、まだはっきりとわからないが、筆者はどの一つも省けないほど全てが大事だと考えている。 (次回更新は5月15日の予定です). Monobird 1972年• 龍安寺の石庭も設計図で表したなら、有理数や無理数のオンパレードだと思います。 同時期にマンハッタンのロウアー・イースト・サイドでピアノを習い始める。 三和音の記憶(1981年) - 3人のピアニスト(、、)の思い出に関する作品。

次の

ショスタコーヴィチ、アダムズ、フェルドマン、グバイドゥーリナ - 下野竜也指揮 読売日本交響楽団

モートン フェルドマン

2019年12月22日閲覧。 。 pl Artists. 2019年10月22日閲覧。 タグ:, , カテゴリー: カメラータの7月新譜(6月24日発売)は (CMCD-15145〜6)です。 」と記し、自発的あるいは、少しまじめに彼の音楽を聴いたり、演奏したり、研究しようとする人々を挑発する。 For Philip Guston 12:08 [ IV ] 4-1. だから、かえって、4人の作曲家の異なる個性や性格、書法や作風が、長短それぞれに、差異を際立てるように聞こえてくる。 Studio Z Blog 2016年3月22日. 事実、「」など、この時期にケージが「作曲」したとされる作品の内実はチューダーが構築した「サウンド・システム」だった。

次の