ヨルシカ 憂一乗 考察。 ヨルシカ

ヨルシカの呪いと祈り|柴 那典|note

ヨルシカ 憂一乗 考察

この乗っている乗り物こそが「ノーチラス号」。 アートは、「役に立つか、立たないか」とか「売れるか、売れないか」とか、そういう基準で価値を測ることはできない。 「本当にわかんないんだよ」。 これからは、残り二つのミニアルバム「負け犬にアンコールはいらない」「夏草が邪魔をする」について解説していきます。 雲と幽霊 これまでのヨルシカの楽曲は、一曲ごとにその世界観を変えて制作がされていましたが、こちらの楽曲はある壮大な物語の世界観を基に制作された楽曲になっているのです。

次の

考察メモ。

ヨルシカ 憂一乗 考察

これはn-bunaさんのファンだったsuisさんが「ヨルシカ」として共作をしていることを象徴しているように思えてなりません。 作品を作品のままで聴くことを望むn-bunaが、わざわざ現実に引き戻す恐れがある中で、発表したこのコメント。 サビ1 ただ、ただ雲を見上げても 視界は今日も流れるまま 遠く仰いだ夜に花泳ぐ 春と見紛うほどに 君をただ見失うように 夢と現実の間で揺れながらも 今日も 「君」を探して空を見る。 鳥肌モノのストーリーをありがとうございました。 エイミーとはカフェテラス、喫茶店で知り合ったそう。 音楽を辞める決意をした主人公の「青年」が、スウェーデンを旅しながら、その大切な人であるエルマにあてて綴った手紙と詩が曲になっている。 ヨルシカの音楽を聴くということは映画を見たり小説を読んだりするのと同じような「物語を追体験する」という行為で、そのために、メディアを横断したいろんな導線が用意されている。

次の

ヨルシカの歌詞一覧リスト

ヨルシカ 憂一乗 考察

バンド形式というか、そういう形で作品を作りたいという。 また、 ヨルシカの 「エルマ」は お買い求めの店舗によって 購入特典が異なります。 1stでは謎が多かったが、2ndでその全貌が見えてくる。 『山椒魚』を僕なりの解釈で噛み砕いて隠喩にしたものが、今作の骨組みであり土台です。 それが『だから僕は音楽を辞めた』と『エルマ』の2作で描かれているモチーフだ。 ただし、それは時に、いわゆる「呪い」としての効力も持つ。

次の

ヨルシカ「エルマ」の初回盤の特典は?歌詞とエイミーの意味は?ライブツアー月光のチケット先行は?

ヨルシカ 憂一乗 考察

いつ来るかも分からないエルマを待ち焦がれている姿は、海底体験の旅を永遠と続けている「ノーチラス号」と重なる。 人間なんてさ見たくもないけど という 人間否定の歌詞とMVの心情が重なります。 またエルマに出会えたことで 「夜が明けた」という希望も掛けられているのでしょう。 そして 「心に穴が空いた」の歌詞に出てくる 「君だけが僕の音楽」なんだよ、エイミー この エイミーという名前こそが 前作 「だから僕は音楽を辞めた」の 主人公でもある エイミーというわけです。 封を開けると、黒いゴムバンドでくくられた茶色い表紙の日記帳があらわれる。

次の

エルマ (ヨルシカのアルバム)

ヨルシカ 憂一乗 考察

つまり、この時点でエイミーの中の 生死の葛藤は繰り広げられているということです。 これはどんなイメージで作っていったんですか? n-buna 監督の方と「このMVではこういう場面を描きたい」という話をして作っていきました。 今年8月には、その続編となる2ndフルアルバム『エルマ』がリリースされた。 朱夏期、音楽泥棒• 月光と名付けられた ヨルシカの ワンマンライブツアーは 東京・大阪・名古屋で開催されます。 その内容は、 雨上がりの晴れを書いた詩。 構造だけを端的に言ってしまえば、音楽を辞めたエイミーが残したものを受け継ぐようにして、エルマが再び音楽を始める。

次の

【歌詞解釈】ヨルシカ「雨とカプチーノ」歌詞の意味を考察/美しい対比で描くエルマの交錯する想い。

ヨルシカ 憂一乗 考察

ではこの3段階目になんて名前を付けるか。 歌詞にある「八月のヴィスビー」というのは、その前にエルマが居たヴィスビーのことを思い出している。 Contents• また一つ夏が終わって、花一つを胸に抱いて、 流る目蓋の裏で 君が褪せないようにこの詩を どうか、どうか君が溢れないように 雨とカプチーノ 作詞 n-buna また年月は過ぎていく。 と言いたいところですが エルマとエイミー MVで登場する男の子 のストーリーを全く知らない。 日付がついたエルマの日記• ヨルシカのセカンドアルバム「エルマ」とは? ヨルシカが発表するセカンドアルバム 「エルマ」は前作 「だから僕は音楽を辞めた」の 主人公である青年から送られてきた手紙に 影響を受けた女性・ エルマが手がけたという 設定の楽曲が14曲収録されます。

次の

ヨルシカ アルバム考察②

ヨルシカ 憂一乗 考察

下鶴光康(しもづる みつやす) - のギター・コーラス担当。 文=風間大洋 アルバムの初回限定盤「エルマが書いた日記帳仕様」には、CDに加えて、エルマの旅の足跡を記した日記帳と写真が封入される。 全ては「エルマ」という作品が虚構と現実を繋げたものなのだ。 オリジナルイメージソング 時をめくる指 から CMにて使われている楽曲。 ヨルシカを結成したのは2017年の春なんですけれど、音楽を辞めた青年と、それに影響されて模倣するように生きるエルマという人間の話をコンセプトにした作品は、その頃から作ろうと思っていました。

次の