ギガジン 倉庫。 GIGAZINEの倉庫勝手に取り壊される事件

GIGAZINEの倉庫破壊 相手は反社会的勢力排除の誓約書にサインせず

ギガジン 倉庫

嫌がらせも言語道断。 そこで、私ははっきり言ってやった。 これら一連の様子はすべてGIGAZINE読者多数が撮影している目の前で行われ、動画で記録済みです。 この男性にも会社名・氏名・連絡先を質問してみました。 記事の内容は、やなどの新製品についてのから、でになっているやの紹介、やの新登場に関するなど、守備範囲は幅広い。

次の

GIGAZINE倉庫がぶっ壊された話を宅建士が考察してみる。

ギガジン 倉庫

立入禁止でなおかつ防犯カメラ作動中。 ・そういう不審な企業や人物の情報はすぐに共有される。 その際にその場にいた不動産仲介会社「パワーエステート株式会社」のN部長による説明は以下の通り。 某大手掲示板では、GIGAZINE側が地上権を持っていた証拠を明かさないことや、大手メディアサイトが自身のメディアを使って有利になる記事を書いている、というような批判的な意見もあります。 ほかにもいろいろな手続きがあるので、同時並行的に進めているところです。 ・警察署に戻って確認したところ、先方の業者の主張と違って「弁護士」からではなく、その業者からの連絡のFAXが来ているだけであった。

次の

GIGAZINE社第一倉庫ショベルカーで破壊される→遂に力技でねじ伏せる地上げ屋「日新・・・」が本社にやってきた

ギガジン 倉庫

・1件目で受理しているから、2件目と3件目は別の民事だと警察が主張したとしても、壊されている建物は同じなのだから、そんなことにはならない。 そもそも地上権は土地所有者が絶対に付けたくないものなので、建物に登記してる割合が少ない。 倉庫するには不便極まりない老朽家屋を倉庫にしてるのか。 」と言いながらこの世を去っていったのである。 事前に連絡はありませんでした。 。

次の

パワーエステートと日新プランニングとは?GIGAZINE倉庫を無断で解体?

ギガジン 倉庫

墓穴を掘ったと言うべきか。 また、警察官の中にGIGAZINE読者がいたことも驚きです。 しかし、そもそも上記のように会社名・氏名・連絡先を質問しても答えず、その上の「責任者」の会社名・氏名・連絡先を質問しても一向に答えようとしない状態でした。 これを教訓にしましょう。 あちこちにGIGAZINE読者がいるのである。 90 ID:???. 」 編集長「……な、なるほど。 同行してきたもう一名は別会社の営業Kという人物。

次の

GIGAZINE編集長の所有する「倉庫」が解体業者に勝手に壊され土地を奪われかける。

ギガジン 倉庫

すべてに返信することはできませんが、顧問弁護士とともにいただいた情報を検討し、もっと詳細な情報を提供して欲しい場合にはこちらから連絡することがあります。 基本的に1記事で1つのを紹介する形式になっているが、「」と称してを集めた記事もほぼされている。 今日は、インフルエンザの予防注射をして眠くてならない。 「反社会的勢力の排除に関する誓約書」など物騒な言葉が出てきていますが、これは忘れましょう。 仏教では中道は正しい道ではないと説いてる。 今回のようなのは非常に悪質。 父はこの昔の建物を大切にしていた。

次の

KEISUI ART STUDIO

ギガジン 倉庫

お互いの言い分で事件が進んでる感じ。 こちらが次の準備(YouTubeライブでの監視カメラの実況など)を整える時間を稼ぐため、この記事を読んでいるGIGAZINE読者にお願いがあります。 てんでバラバラに喚くので、警察は「被害者はこちらへ加害者はあちらへ別れてほしい。 ネット上で騒ぎにもなったし、このまま膠着状態からの裁判とかになるんでしょうか。 建物名義人が誰なのか?今どこにいるのか?そもそも生きているのか?相続人はいるのか?誰にもわかりません。 さらにこちらが警察に事情を説明している間にも、近隣住民の家屋の玄関ベルを次々に鳴らして順に呼び出し、「私はあの家を返してもらった」「もともとはおじいさん(=編集長の祖父)に貸したのであって、この人(=編集長)のことは一切知らない」と虚偽の主張をし始めました。 これにより、以降の一方的な破壊はとりあえず止まりました。

次の

GIGAZINEの倉庫破壊 相手は反社会的勢力排除の誓約書にサインせず

ギガジン 倉庫

通常の応対同様 ・名刺の提示を要求する ・面会人簿冊に記入させる ・質問して聞き取る 等の方法により、相手の住所、氏名、団体名、電話番号等を確認してください。 ちなみに民事裁判の流れは• 今のままだと警察も地上げ的行為を止めることができず、GIGAZINEでもここまでがやれる限界です。 (参考:) これから色々な証拠も出てきそうなので注目していきたいですね。 ・そういう記録を積み重ねていくことで、警察が相手を特定できたとき、あるいは弁護士が何かの照会をして相手の正体がわかったとき、非常に役立つ。 もう少ししっかりとしている建物であれば取り壊されることはなかったかもしれません。 やる相手が間違ってるんちゃう?」 編集長「上の社長とは一体誰ですか?」 解体業者を手配した男性「ええやんか。

次の

ある日突然自分の建物を他人がショベルカーで破壊しても「建造物損壊」にはならないのか?

ギガジン 倉庫

家屋の中にもつるしておきました。 「日新プランニング株式会社」の社員を名乗る男が警察に対し、 ・Yさんから土地を買った ・アスファルトをはがす作業をしていて 「誤って」少し壊してしまった ・「日新プランニング株式会社」の弁護士から西淀川警察に連絡させる ・編集長と直接話す気は無い ・編集長の顧問弁護士から警察へ連絡させてくれ と一方的に主張。 そのため、今後もし現場に新たな解体業者が現れたり、あるいは日新プランニング株式会社関連からコンタクトがあった場合、まずは「反社会的勢力の排除に関する誓約書」にサインしてもらうことにしました。 刑事で処罰して欲しい」という意志を警察に対しては徹底的かつ明確に示し続ける必要があります。 最寄り駅は阪神千船駅で、Googleマップによると歩いて6分です。 そういうことをしてはならない。 その場には茨木警察署の警官もいたため、「サインできない」というのがわかった途端にすさまじく険しい顔と目つきに一瞬で変わり、株式会社エムズ・ジャパンKさんをにらみつけていたのが印象的です。

次の