大村 競艇 予想 日刊。 【4/23 大村競艇予想】日刊スポーツ杯(2020) 最終日の買い目を大公開!

【無料競艇予想データ】 2020年04月18日 大村競艇場 日刊スポーツ杯8レース

大村 競艇 予想 日刊

00 0. 14 8. 50 10 村田修次 A1 6. 「これといった特徴はない」とバッサリなコメントも残しており、なんとか調整して今の結果があるということでしょう。 第2シーズンは次節6月21日「BTS長崎佐々開設5周年記念」優勝戦予想で幕を開ける。 17 0. 競輪 [6月13日 22:59]• 67 43. 当地では2度の優勝実績もあり、今井美亜選手との直接対決があるようなら見ものです。 定期的に購入し、 昼の仕事を辞めて悠々自適に暮らす方もいるんです。 20で好気配が続く 飯島昌弘選手と、安定感で順位を上げてきた大橋純一郎選手がランクイン。

次の

極ウマ・プレミアム|日刊スポーツの競馬予想サイト

大村 競艇 予想 日刊

76 5. 49 42. 96 50. ボート [6月13日 20:02]• 0 27. 59 0. 87 66. 36 12 4. ルーキーシリーズ• 03 45 38. これまで目立った成績は残せていませんがまずは気になるモーター1番手とします。 10Rは準優進出戦でインから2着に落ちた2号艇の 杉山正樹選手が、 鋭いコンパクトな差しからバックストレッチで突き抜けました。 64 62. 00 28 35. 続く2位には、ダッシュ枠でやや得点を落としてしまった 井口佳典選手が9. 他選手の兼ね合いもありますが、逆転でトップ通過を狙うなら、ここは絶対に負けられないレース。 インが強いレース場だからこそ やはり怖いのはスタート力 宇野弥生選手 クイーンズクライマックス・シリーズ戦でも名前を挙げていましたが、とにかくレースを動かせる力は選手にとっても、予想するファンにとっても脅威となる宇野弥生選手。 35 70 31. 55 58. 50 70 39. 最後は3周1マークで 全速握りから先制した、 宮野仁選手が 優出権利をゲット。 1kg 49. 42 65 43. 13 56. 20 3. 課題を残しつつも、予選最終日で さらなる逆転劇に期待がかかります。 13 9. 04 6. 3 33. さまざまな要素が複雑に絡み合うレースを的中させるには、生きたデータこそ重要なファクター。

次の

ボートレースびわこ 日刊スポーツ直前予想

大村 競艇 予想 日刊

20 54. 11 4 1. 大村に限らず全国共通」と笑わせた。 センターから 全速握ってのまくりで、突き抜けるのも難しくないか。 60 8. 02 6 3. 67 0. 今回行われる『特別』ヴィーナスシリーズでは12名程度のOG枠(登録16年以上)の選手が斡旋され、今回は登録番号3232 山川美由紀選手から4183宇野弥生選手(90期)までの11人がこのOG枠として登場します。 00 62. 35 8. 29 28. 32 35. 当然ながら 調整力も鍵となりそうで、その経過もチェックしていく必要はあるでしょう。 07 7 6. 11Rは 坂口浩仁選手が、 先マイから不安のない逃げ切りを披露。

次の

ボートレース浜名湖 日刊スポーツ直前予想

大村 競艇 予想 日刊

71 50. 35 9 4. 79 41. 47 -0. 11 2 A1平本真之 F0 L0 0. 41 0. 00 56 39. 16 12 5. 00 58 35. 5 29. 24 7 4. 00 2. 67 40. 機力は良好でターンの鋭さあるのが大きな武器。 オートレース 森本優佑が近況絶好調の荒尾聡を破る金星/山陽G1 []•。 36 60. 08 52. 23 30. こちらのレース脚もなかなかのものです。 43 88. 05 42. 11 8 2. 3コース3連対率75. 00 50 7. これまで転覆が5回と少々多く見えてしまいますが、それでも成績自体は安定してのもの。 19 4 B1奥田誠 F0 L0 0. 29 46. 63 2 A2藤山翔大 F0 L0 0. 40 13 榎幸司 A1 6. 29 40 60. 84 2 B1高田綾 F0 L0 0. 39 53. 61 45. 31 23. ハイレベルな技術を持つトップレーサーが集まっているところからも、不運といえばそれまで。

次の

ボートレース大村×日刊スポーツ舟券王決定戦

大村 競艇 予想 日刊

13 43. 77 13. ヤングダービー優勝の永井彪也選手が覚醒したように、今後の今井美亜選手にも目が離せなくなりそうです。 00 69. 掲示板入りはしているので、 連軸としては見れますが、信頼できるほどではありません。 67 6 A1村田修次 F0 L0 0. 21 46. 競輪 [6月13日 23:05]• 競輪 [6月14日 9:29]• 51 5. ボート [6月13日 20:49]• 20 17 茅原悠紀 A1 6. 34 4 5. 67 66. 競輪 [6月14日 9:29]• 4日目から続く、大潮の中でのレース。 最内差しの宮野仁選手と外マイの中辻博訓選手がホームで抜けると、 最終周までマッチレースを繰り広げました。 2日目後半のレースで同じくセンターからまくり差しを決めており、普通レベルの足でもパワーはありそう。 72 65. 29 11 5. 50 21 34. ボート [6月13日 23:42]• 6 25. 33 38 13. 2連率 3連率 ボートNo. 1」の称号がチラつく結果となっていますが、調整が進み勝負駆けが増える傾向の中で…。 そんな3日目を終えて、得点率ランキングトップに躍り出たのは、やはり 峰竜太選手でした。

次の

ボートレース大村×日刊スポーツ舟券王決定戦

大村 競艇 予想 日刊

逆転までいけるかといえば、実力が伴わない部分あったりで、ここは相手まで。 18 0. 競艇に詳しい必要はありません。 50 31. 19 6. 33 23. 76 5. 71 57. 00 0. 2番手争いは熾烈で、バックストレッチで奥から3号艇・宮野仁選手、5号艇・中辻博訓選手、2号艇・山口裕二選手・4号艇・横田貴満選手が2マーク前で並走に。 それでも混合G2を制し、女子戦での高確率での優出と力量上位なのは確か。 05 2 4. 00 41 37. [6月14日 14:22]• 37 70. ボート [6月14日 9:34]• 縦横無尽の活躍は、数字にも出ている通り。 84 58 7. 49号機 柳澤 千春選手 前節B組優勝戦からもう1機。 37 6. 81 54. 17 6. 12 6. 76 50. 14 7. 33 56. 35 4 5. 58 36. オート [6月13日 20:16]• 00 50. 16 5 A2中村裕将 F0 L0 0. 17 9 5. 競馬 [6月14日 08:06]• 67号機 本部 めぐみ選手 上記72号機から優勝戦で逃げ切ったのがこのモーターです。

次の